» HOME  » RSS  » ADMIN

プロフィール

nakayoshi

Author:nakayoshi

最近のコメント

ブロとも申請フォーム

dot1 dot1

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告--.--(--)--:--|コメント(-)|トラックバック(-)|Top↑
dot3 dot5
dot1 dot1

アフリカから日本へ凱旋デビュー!

以前、下の記事で紹介させていただいた山田耕平さんからメールをいただきました。


【アフリカでCDを出す!】、 【-速報!-アフリカでCDを出す!(続編)】 、 【紹介】NPO法人一新塾 公開講座:「エイズ予防啓発ソングがマラウイの若者を変えた!」

マラウイ国旗
その後、日本に帰国して音楽を通した社会活動を本格的に開始。


講演やメヂィアからの取材で大忙しの生活を過ごしていらっしゃいます。


そして、マラウイで3ヶ月間ヒットチャートNo.1を記録した「ディマクコンダ」が、遂に、8月30日、ソニーのエピックレコードから日本で発売されます。8月2日から、着うた、着ムービーもネット配信されるそうです。要チェックです!


彼がこれからの夢を大いに語り、彼の人柄もうかがえ、そして、とてもいい刺激になる内容だったので、本人の快諾を得て、メッセージを抜粋、編集,して紹介させていただきます。


今後も、彼の活動の応援、よろしくお願いします!


 

スポンサーサイト
アフリカ07.02(Sun)20:32|コメント(-)|トラックバック(-)|Top↑
dot3 dot5
dot1 dot1

We are there !

サッカーのワールドカップ・・・
日本は残念ながら、決勝トーナメント進出ならず・・・(涙)

でも、我らがアフリカ勢、がんばっています!

大会初出場の“The Black Stars(黒い星)”ことガーナが決勝進出!おめでとーーーーーう!

地元紙も、「Gooooooaaaalllll」と、勝利に沸いています。
リズムのいい試合をするアフリカ勢が姿を消していく中、この決勝進出は大陸旋風をまだまだ吹かせますよ!

あと、今日はチュニジアも決勝進出を賭けての試合ですね。ファイト!
アフリカ06.23(Fri)16:33|コメント(-)|トラックバック(-)|Top↑
dot3 dot5
dot1 dot1

【紹介】NPO法人一新塾 公開講座:「エイズ予防啓発ソングがマラウイの若者を変えた!」

以前、ご紹介した南部アフリカのマラウイ共和国の元青年海外協力隊、山田耕平さんの公開講座をご紹介します。ご都合のつく方は、是非、ご参加ください!

≪転送歓迎!≫
━━━NPO法人一新塾 公開講座&ミニワーク━━━
マラウイで日本人の歌が大ヒット
「エイズ予防啓発ソングがマラウイの若者を変えた!」

日時:5月15日(月) 19:30~21:30 
講師:山田耕平氏
元海外青年協力隊員・有限会社ウォームハート代表取締役)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

アフリカの小さな国、マラウイで、日本人が歌うエイズ予防啓発ソングが大ヒットしている。歌うのは元青年海外協力隊員の山田耕平さん。
「私の歌が一人でも多くの人の意識や行動を変え、エイズを止める起爆剤になれば」と語る。

マラウイは人口約1100万人。HIV/エイズ感染率は14・4%で約90万人が感染しており、年間約8万7000人が亡くなっている。新規感染者の約半数は、15歳~24歳の若者たち。

山田さんは二〇〇三年十二月から〇六年三月まで村落開発普及隊員としてマラウイで活動。かんがい用水造りなどに携わったが、高校生など若い世代の友人たちとHIV/エイズについて語り合ったところ、彼らのHIV/エイズ予防の意識の低さに愕然とする。エイズ早期発見・治療のためのVCT(HIV/エイズ任意検査・相談所)とコンドームに対する意識改革の必要を痛感。

そこで、山田さんは、啓蒙手段として、「歌」に着目!
山田さんが作詞し、現地の友人歌手が訳して乗りのいい曲を付けた。
山田さんが歌い、同僚の二隊員の協力でビデオ、ポスターなども作った。

曲名は「ディマク・コンダ(愛してる)」。HIVに感染した男性が悩み、女性を愛するあまり別れを決心する。女性は感染を知って泣くが、最後には「私たちは一緒よ」と男性を受け入れるという物語。

昨年七月に完成作を同国唯一のテレビ局や全FMラジオ局に送ったところリクエストが殺到。毎日のように曲が流れ、音楽番組のヒットチャートで一位になり、現地の「レコード大賞」にもノミネート。
大ヒットとともに検査に行く人が増え始めた。

そして、このことは遠いアフリカに留まる問題ではない。
日本におけるHIV感染報告数は若い世代を中心に右肩上がりで増加
している。厚労省エイズ動向委員会「平成16年エイズ発生動向年報」によれば、平成16年1年間に報告されたHIV感染者は780人、
エイズ患者は358人と過去最高。
しかし、予防キャンペーンにこれほど力を入れない国も珍しいと山田さんは言う。

帰国した山田さんは会社を設立、ビデオや講演を通じてエイズ予防啓発とアフリカを知ってもらう活動をスタート。「日本でも若者にもっとエイズ予防について関心を持ってもらいたい」と訴える。 

歌にメッセージを乗せ、マラウイと日本の橋渡しとなる山田氏の講演会です。ぜひ、ご参加下さい!


日 時:2006年5月15日(月)19:30~21:30

場 所:一新塾セミナールーム
    東京都港区芝3-28-2カスターニ芝ビル2F
   [地図] → http://www.isshinjuku.com/01issin/i_chizu-1.html

講 師:山田耕平氏
 (元海外青年協力隊員・有限会社ウォームハート代表取締役)

定 員:30名(先着順)

主 催:特定非営利活動法人一新塾
   http://www.isshinjuku.com/

参加費:1,000円(当日受付にて承ります)

申込み:末尾フォーマットにて iss@isshinjuku.com までお願いします。

【タイムテーブル予定】

 19:30~19:45 山田氏の取り組みを紹介したテレビ報道の映像
 19:45~20:30 山田耕平氏講演
 20:30~21:00 質疑応答
 21:00~21:30 ミニワークショップ
        テーマ「日本でのHIV/エイズ予防について、“歌”と
           山田耕平さんを有効活用することで、効果的に
           メッセージを伝えるにはどうしたらいいか?」
          皆さんと一緒に考えたいと思います。


<申込フォーマット宛先:iss@isshinjuku.com>

◎「マラウイで日本人の歌が大ヒット
    ~ エイズ予防啓発ソングがマラウイの若者を変えた!」
  5月15日(月)19:30~21:30 に参加します。

氏 名:                       
ご住所:(〒    )
TEL: FAX:
E-mail:

--------------------------------------------------------
アフリカ05.02(Tue)01:36|コメント(-)|トラックバック(-)|Top↑
dot3 dot5
dot1 dot1

『エイズは経済に大きな影響を及ぼさない』=南ア発=

南アのマクロ経済全般においてHIV/AIDSは、マイナスの影響を与える要素ではない・・・という調査結果が、南アを拠点とする調査機関、Joint Economic Aids and Poverty Programme (JEAPP)から発表されました。

sunset

<マラウイの空に溶ける夕日>
アフリカ04.14(Fri)11:45|コメント(-)|トラックバック(-)|Top↑
dot3 dot5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。