» HOME  » RSS  » ADMIN

プロフィール

nakayoshi

Author:nakayoshi

最近のコメント

ブロとも申請フォーム

dot1 dot1

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告--.--(--)--:--|コメント(-)|トラックバック(-)|Top↑
dot3 dot5
dot1 dot1

ロンドン同時テロから一年・・・

52人の犠牲者と数百人の負傷者を出したロンドン同時テロから1年。
午後12時から2分間の黙祷が行われます。

この1年、イギリスは悩みに悩み続けた1年でした。

テロ後、警官に誤って射殺されたブラジル人男性の悲劇。急進的なイスラム聖職者の国外追放。指紋を使用するIDカード法の成立。先日、ロンドン東部で爆弾を隠し持っているとの疑いがもたれて強制捜査を受け、発砲までされた無実のイスラム教徒の兄弟。人権を軽視していると批判を受けながらも今春から施行されている反テロ法。その中で、テロ容疑で逮捕されたのは数百人、そのほとんどが無関係。

人々の心の中の不信が更に不信を呼び、あからさまな人種偏見的な捜査、それが更に人々の心に自分達と文化や宗教が異なるものに対する寛容さを消し去っていっているような気がします。

主よ 私達の心が
互いに愛し合うことを
学びますように
あなたが私たちを愛された
その同じ愛で
-「マザー・テレサの祈り」から-

スポンサーサイト
イギリス07.07(Fri)14:00|コメント(-)|トラックバック(-)|Top↑
dot3 dot5
dot1 dot1

Reunion (3)

先週末から今週にかけて、旧友との再会に恵まれています。今回、約4年ぶりに再会したMさんとは、それぞれアフリカに赴任する前、東京本部で1年半ぐらい机を並べた仲間です。出張の多い部署で忙しかったですが、東京に戻った時には有志で一緒に勉強会を運営したりしていました。


今回、僕のところに寄ってくれたのは、アフリカでの調査の帰りで、1ヶ月で4カ国を回ってきたとの事。相変わらず、タフです。 お昼ぐらいからバーミンガムの町の中心を流れる運河沿いの中華料理屋さんで食事、パブでビールを飲んで語り合いました。話はいつもアフリカでの教育、人材育成支援のアプローチについて。援助で補えるところ、補え運河ないところ、本当に必要なのは真のパートナーとしての関係。それは、「援助」を超え、お互いがお互いにとって必要だから、という「ビジネス・パートナー」としての関係を公正な貿易枠組みの下で進めていかないといけないのではないか、という話題を色々な角度から話をしました。


明日の夜の便で日本に帰るということで、当初はロンドンの宿泊先から日帰りで訪問してくれたのですが、場所を拙宅に移してから延々と夜の12時過ぎまで話し込んで、結局、うちに泊まってもらいました。そして、翌日、早朝ロンドンに発っていきました。また次に会うまでに、お互いが話したことを何らかの形にしている・・・またはその方向に一歩でも前進していたいと思います。

イギリス06.30(Fri)11:28|コメント(-)|トラックバック(-)|Top↑
dot3 dot5
dot1 dot1

Reunion(2)

昨日に引き続いて、今日も旧友との再会を楽しみました。


マイケルからのプレゼント国際開発援助の世界で、所属の機関や国籍は違えど、同じ職場で苦楽を共にし、ある意味、娯楽の少ない場所では、ホームパーティ(いつもの食事を数人、数家族で一緒に過ごすだけですが・・・)がほぼ唯一の楽しみで、毎週のように会って楽しみました。これからもずっとつき合いを続けて生きたい仲間たちです。


それぞれの道を進んでいて、その話を聞いて刺激にもなりました。次、会うときにそれぞれがどれだけ成長していっているのかを確認しあうのも友人としての大きな楽しみですよね。

イギリス06.25(Sun)23:51|コメント(-)|トラックバック(-)|Top↑
dot3 dot5
dot1 dot1

Reunion (1)

週末にかけて、アフリカのマラウイで一緒に働いていたイギリス人の友人がロンドンから訪ねてきています。明日は、オックスフォードから、もう二人来ます。

bham

イギリス06.24(Sat)23:53|コメント(-)|トラックバック(-)|Top↑
dot3 dot5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。