» HOME  » RSS  » ADMIN

プロフィール

nakayoshi

Author:nakayoshi

最近のコメント

ブロとも申請フォーム

dot1 dot1

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告--.--(--)--:--|コメント(-)|トラックバック(-)|Top↑
dot3 dot5
dot1 dot1

日常の風景から =定期健診=

今日は、妻の定期健診でした。
新しい家族もあと2ヶ月あまりで誕生です。
スポンサーサイト
スレッド:イギリス生活|ジャンル:海外情報
ファミリー02.28(Tue)23:00|コメント(-)|トラックバック(-)|Top↑
dot3 dot5
dot1 dot1

リサーチのお勧め本 ★★★★☆

お気に入りの本を紹介いたします。

W.Booth, G.Colomb, J. Williamsによる『The Craft of Research』です。
スレッド:イギリス留学|ジャンル:海外情報
大学02.27(Mon)23:00|コメント(-)|トラックバック(-)|Top↑
dot3 dot5
dot1 dot1

Appearance =見せかけ=

うちにはテレビがありません。
それは決してテレビが嫌いだからではなく、見始めると“はまっちゃう”タイプでいつまでもダラダラと見てしまうので、それじゃあ、いっそなくしてしまおう、ということで置いていません。

その分、インターネットで自分の関心のあるニュースを読んだりしているのですが、今日は、日曜日で比較的時間もあったので気になっていたニュースを少し見てみました。

それは、1972年に起きた西山事件、または沖縄機密事件外務省機密漏洩事件と呼ばれているものです。
スレッド:気になるニュース|ジャンル:ニュース
その他02.26(Sun)23:59|コメント(-)|トラックバック(-)|Top↑
dot3 dot5
dot1 dot1

スーダンのダルフール、そして私たち

最近、ずっと考えていたことがあります。それは、スーダンダルフールのことです。

10日ほど前、友人から一通のメールが届きました。以前、ダルフールの難民キャンプで働き、今はジンバブエに滞在している友人からです。

スーダンでは、先日書いたソマリアと同じく民族紛争・内戦が続いています。ダルフール(Darfur)紛争は、スーダン政府に支援されたアラブ人によるジャンジャウィードと呼ばれる民兵と地域の非アラブ人住民との間に起きている民族紛争です。
スレッド:アフリカ|ジャンル:海外情報
アフリカ02.25(Sat)13:00|コメント(-)|トラックバック(-)|Top↑
dot3 dot5
dot1 dot1

研究生代表会議 =Research Student Rep. Meeting=

研究生の代表会議がありました。

イギリスの大学では、学生の中から代表者を出し、大学の授業や運営、図書館や情報施設等の研究環境について意見交換ができるシステムがあります。

大体2ヶ月に1回の割合で開かれますが、今年に入って初めての会議がありました。


スレッド:イギリス留学|ジャンル:海外情報
イギリス02.24(Fri)22:30|コメント(-)|トラックバック(-)|Top↑
dot3 dot5
dot1 dot1

春への雪

今日は朝から雪でした。。。

2月初旬は、太陽の光が差してぽかぽか陽気の日もあり、もうすぐ春かな。。。と思っていた矢先の雪。
つい一昨日は、雨、雪、雹(ひょう)までも拝むことができ、さすがイギリスの天気だ!と妙に感心しましたし、また冬に逆戻りか???と思ってしまいます。

                         更に翌朝(24日)は積もりました・・・↓
雪 2006.2.23        雪 2006.2.24

スレッド:イギリス生活|ジャンル:海外情報
イギリス02.23(Thu)23:45|コメント(-)|トラックバック(-)|Top↑
dot3 dot5
dot1 dot1

人間学・経営学を学ぶ雑誌

こちらの大学院で経営学も勉強しています。

今は、通信情報技術マネジメント、意思決定論、そしてマーケティングの授業をとっています。様々な理論とケース・スタディが出てきて、新しい知識に出会う喜びがあります。ただ、このように勉強している中で、たまに経営学を「頭で考えすぎていない?」って感じることもあります。

それに比べて、「人間学を学ぶ雑誌」という副題が付いている『致知(ちち)』は、日本の経営者の実践に裏付けられた貴重な話を記事にしてあるとてもいい雑誌です。
スレッド:イギリス生活|ジャンル:海外情報
人間学・経営学02.22(Wed)23:59|コメント(-)|トラックバック(-)|Top↑
dot3 dot5
dot1 dot1

スピード

イギリスもある意味、車社会だと思います。

バーミンガムは、一応「大都市」に入るので、列車やバスなどの公共交通機関が発達しています。しかし、家の近くにバスの運行経路の通りがない限り、移動するのは楽ではありません。

そこで、通勤などでマイカーを使う人が多いのですが、その運転スピードたるや歩道を歩いていても冷や冷やすることが度々あります。
スレッド:イギリス生活|ジャンル:海外情報
イギリス02.21(Tue)23:59|コメント(-)|トラックバック(-)|Top↑
dot3 dot5
dot1 dot1

クラシック・コンサート

先日、バーミンガム・シンフォニー・ホールにコンサートを聴きに行って来ました。

モーツアルト生誕250周年にあわせた催しのひとつです。

スレッド:イギリス生活|ジャンル:海外情報
イギリス02.20(Mon)23:50|コメント(-)|トラックバック(-)|Top↑
dot3 dot5
dot1 dot1

日常の風景から =皿洗い=

おいしい食事の後、「台所の後片付け」や「皿洗い」は、お腹いっぱいで気持ちのいいところ、あまり気が進まないですよね。特に夕食の後は一日の疲れもありますので、体も気持ちも億劫になります。

でも、ファミリーの中で、皿洗いは私(よし)の役割です。

気が進まないけれど、日常生活をする上でどうしても出てくる洗い物・・・(たとえ食洗器があっても多少は洗いもの出ますよね?)

そこで、どうやったら楽しく過ごせるかなあ、皿を洗いながらちょっと考えてみました。
スレッド:イギリス生活|ジャンル:海外情報
ファミリー02.19(Sun)23:59|コメント(-)|トラックバック(-)|Top↑
dot3 dot5
dot1 dot1

「ソマリア」という“くに”

「アフリカの角」と呼ばれる地域にあるソマリアでは、今、旱魃が続いています。

気温は40度を越す過酷な天候な中、一人一日あたり消費できる水の量がグラス3杯分という状況・・・これは、飲料用、食事用、洗面用全ての用途に使える水の量です。

国連によると170万人の人々に緊急支援が必要な状況です。地域によっては、1961年以来の旱魃となっているとOxfamが伝えています。

・『UN Integrated Regional Information Networks』-Hundreds of thousands affected by water shortages- 19 Feb.2006
・『BBC News』-Somalis clash over scarce water- 17 Feb.2006

この記事を読んで、最初に思ったのは、日本などのメディアではあまり伝えられることのない内容だと思ったので(去年秋ごろにマラウイやザンビア等南部アフリカでの食糧危機は伝えられていましたが)、この旱魃の事実だけをお伝えしようと思いました。

そこで、ソマリアについて少し調べてみようと思いました。というのは、ソマリアと聞いて思い浮かぶキーワードは、「ソマリア難民」「アイディード将軍」「PKO活動」ぐらいで、アフリカについて関心がある者としてはあまりにも貧弱なもので、今、どういう状況なのか全くフォローしていなかったからです。

ですが、調べていくうちに暗澹たる気持ちになってきたのです・・・
スレッド:アフリカ|ジャンル:海外情報
アフリカ02.18(Sat)23:59|コメント(-)|トラックバック(-)|Top↑
dot3 dot5
dot1 dot1

締め切り

5月初旬までの予定=締め切りの予定です。

2月17日(金):『Information Systems Management』課題提出
3月10日(金):『Managing Markets and Competition』課題提出
3月15日(水):某団体へ研究報告書提出
3月31日(金):『Decision Making』課題提出
4月下旬   :家族1名増加予定・・・これは課題じゃないっか?!
5月8-10日  :学期末試験

今日、提出時間5分前に仕上げて、とにかくウェブ上から送りました。ちゃんと校正もできないままで提出しなければいけなかった自分に納得がいきません。
スレッド:イギリス留学|ジャンル:海外情報
大学02.17(Fri)23:59|コメント(-)|トラックバック(-)|Top↑
dot3 dot5
dot1 dot1

エイズ、日本、アフリカ

HIV/AIDS」ということばを聞いて、どれくらい身近に感じていますか?正直、僕自身もまだまだ認識が十分とは言えません。ただ、これまで、この病気が原因で亡くなった同僚や友人が何人かいます。だから人ごとではありません。

いまや、医療保健分野の問題だけでなく、経済や教育などの社会開発へ甚大な影響を及ぼしているHIV/AIDS問題。グローバル・イシューとして考え、行動していく必要があります。

人ごとではないもう一つの理由として、日本において新たにHIVに感染している人は、毎年、増加している、という事実があります。
その他02.16(Thu)12:00|コメント(-)|トラックバック(-)|Top↑
dot3 dot5
dot1 dot1

ボツワナの初等教育普及はモデルとなるか=ボツワナ発=

【アフリカ教育開発 関係レポート紹介】
Report card: Botswana a model for Africa?
Authors: Mukumbira, R.
Produced by: AfricaFiles (2005)


21世紀を迎える直前の2000年9月、ニューヨークで開催された国連ミレニアム・サミットに参加した147の国家元首を含む189の加盟国は、21世紀の国際社会の目標として国連ミレニアム宣言を採択しました。
スレッド:アフリカ|ジャンル:海外情報
アフリカ02.15(Wed)12:00|コメント(-)|トラックバック(-)|Top↑
dot3 dot5
dot1 dot1

英語で学ぶ~日本の学生のためのスタディ・スキル~

このタイトルのガイドブックは、私の担当教官であるクリス(Christopher Williams)とそのパートナー(山下博美さん)-共に現在、バーミンガム大学で教鞭をとっています-との共著です。クリスには、以前ロンドン大学でお世話になったのですが、このようなガイドブックを書かれていたとは知らなかったです。先日、紹介されてウェブでもダウンロードできるようですので、みなさんに紹介させていただきます。

http://www.leeds.ac.uk/students/study-abroad/downloads/japanstudy.pdf
スレッド:イギリス留学|ジャンル:海外情報
イギリス02.14(Tue)12:00|コメント(-)|トラックバック(-)|Top↑
dot3 dot5
dot1 dot1

Parents Education

先日、日曜日は朝10時から午後4時まで大学の近くのBimingham Women's Hospitalで、「Parents Education」があり、妻と二人で参加してきました。

それは一体どんな教育なのかといいますと、もうすぐ赤ちゃんが生まれる親達への教育です!
そう、我が家にもうすぐ新しい家族の一員が誕生する予定です。

アフリカ02.13(Mon)23:00|コメント(-)|トラックバック(-)|Top↑
dot3 dot5
dot1 dot1

-速報!-アフリカでCDを出す!(続編)

今年1月21日にご紹介させていただいたアフリカ、マラウイ共和国青年海外協力隊 HIV/AIDS啓蒙活動隊員で派遣されている山田さんの歌のプロモーションビデオが以下のウェブで紹介されました。

2月4日にはTBS系の番組「ブロードキャスター」 (http://www.tbs.co.jp/bc/ )でその活動が放映されました。RealMediaで、フルバージョンがダウンロードできます。

http://www.jica.go.jp/press/2006/060207-2.html

是非、ご覧ください!

PS:マラウイの主要紙にも、HIV/AIDS予防キャンペーンでコンサートを開いた模様が紹介されています。http://www.dailytimes.bppmw.com/article.asp?ArticleID=740


アフリカ02.12(Sun)11:02|コメント(-)|トラックバック(-)|Top↑
dot3 dot5
dot1 dot1

科学技術のイノベーションなるか =ナミビア発=

先日、ナミビア・ポリテクニック(科学技術大学)で新学期を迎えた。そこで、学長のDr Tjama Tjivikuaは、集まってきた学生達に向かって

「あなた方には過去の英知を受け継いでいる。我々は、あなた達に一生懸命勉強して、英知を更に発展させてくれることだけを望んでいる。多くの若者が高等教育に入ることができない状況の中で、あなた方は非常に貴重なチャンスを得ているのだから。」

と期待を述べた。更に、

「そのチャンスはただ待っていてもやってくるものではない。深く深く考えたられた上での知識と計画が必要である。我々のモットーである、“知識を基礎とした経済へのイノベーション”を心に、既存の方法に変革をもたらすよう創造的に応用発展させていこう」

と述べ、将来、社会への変革の旗手となるよう激励した。

<以上、ナミビア(ウィンドホック)『New Era』誌より>

ナミビア・ポリテクニックは、1994年にナミビア・テクニコン(Technikon Namibia)と学校外職業訓練大学(College for Out-of School Training)が合併して設立。その後、徐々に職業訓練コースを減らし、科学技術系コース中心のコースを増やしていった。そして、96年1月には、合併前の2機関とは独立の教育機関となった。

ナミビアは、1884年にドイツの植民地(ドイツ領南西アフリカ)となり、1914年には南アフリカ連邦(1961年から南アフリカ共和国)に占領、委任統治領とされた。そして、1990年に南アフリカからようやく独立を果たした今年16歳になる若い国です。
南アフリカ共和国の統治時代には人種隔離政策が行われ、バントゥースタン(ホームランド)が置かれたりしましたが、独立後は、民主的憲法の下、民主主義、経済自由化に基づく国造りを積極的に推進し、教育・軍事等における国民的和解を極めて平和裡に、スムーズな形で達成することに成功しました。

日本の対ナミビアとの貿易額は、自動車・部品、電気機器等を輸出し(10.48億円)、生鮮魚、かに・エビ等の水産物、亜鉛等を輸入(20.96億円)しています(2004年:財務省貿易統計)。日本にとっては輸入額の方が多い、「お世話になっている」国ですよ!
2004年12月には、青年海外協力隊派遣取極も調印されています。

今後、このナミビア・ポリテクニックがナミビアの技術立国の原動力の役割を果たすか注目していきたいです。

(参考)
外務省HP『各国・地域情勢』   
http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/namibia/data.html

FCブログランキングに参加中です。

今日の記事で、アフリカに対するご関心に少しでもお役に立ちましたら、一押しお願いします。
スレッド:アフリカ|ジャンル:海外情報
アフリカ02.12(Sun)09:00|コメント(-)|トラックバック(-)|Top↑
dot3 dot5
dot1 dot1

心の模様替え

壁紙を変えてみました。

1)こちらの季節も少し寒さが和らいできたこと
(油断は禁物ですが・・・)

2)新しい年から2ヶ月目に入り、新年の思いも少しずつ途切れそうなので、気を引き締めたい

3)1月にオフキャンパスに引っ越して、ようやく今日、自宅にブロードバンド環境が整った
(イギリスは申し込みから実際の作業までが遅い・・・)

4)他の方々のブログを拝見して、いい情報を発信されているなあ、と刺激された

5)イギリスでのある意味、朝から晩まで研究室で過ごす事の多い単調な生活スタイルの中でも新しいことを発見する心を大切にしたい

と、まあ、こんな理由からです。

これからは、小さなことでも気づいたらブログにできるだけ記録していきたいと思います。
その他02.11(Sat)04:27|コメント(-)|トラックバック(-)|Top↑
dot3 dot5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。