» HOME  » RSS  » ADMIN

プロフィール

nakayoshi

Author:nakayoshi

最近のコメント

ブロとも申請フォーム

dot1 dot1

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告--.--(--)--:--|コメント(-)|トラックバック(-)|Top↑
dot3 dot5
dot1 dot1

「アフリカニスト」Nさんの死を悼む

先週半ば、アフリカに赴任されていたNさんの訃報に接しました。
あまりに突然の別れでした。

自分がアフリカに赴任していた頃、Nさんは東京にいらして、私たち現場の人間に政策や方針についての助言をくださる立場におられました。ですから、お名前をうかがうことは多くあったのですが、実際にお会いしたのは、去年の12月、私が調査で現地を訪問した際が初めてでした。

彼からの助言は、いつも迅速、的確かつ丁寧なものでした。しかも、味気なくなりがちな業務連絡の中に、「この方針に従いながらも、現場では、アフリカの人々のためになる一番いい対応をしてください!」という声が、どことなく聞こえてくるような、そんな愛情のあふれるものでした。

当時は(今もですが・・・)、アフリカに対する支援戦略やアプローチについて、支援国や国際機関の間で様々な議論や試みが活発にされていた頃で、現場ではそれに対する東京からの方針や指示がないと動こうにも動けない状態でした。新しい試みも多く、そういう時には失敗の可能性や責任も伴いますから、できれば誰も手をつけたくなかった状況だったと思います。そういう難しいお仕事を誠実にされていました。だから、Nさんの存在感やイメージは、私の中で巨大に膨れ上がっていたのです。

ですから、初対面でご紹介を受けた時に、私は、とても緊張していました。なぜなら、仕事に対してとても厳しい方だという印象を持っていたからです。でも、Nさんはとても優しい目でご挨拶をしてくださいました。今でもその優しい表情が頭に焼き付いています。

Nさんは、私にとっては青年海外協力隊の先輩にあたる方でもありました。赴任の期間がちょうど1年違いで現地では入れ違いだったとことも後から知りました。年齢もいくつか年上だと思いますが、ほとんど自分と同年代だと思います。早すぎる別れです。

アフリカのことで、もっともっと御教えをいただきたいと思っていた矢先で、大変残念で、悔しい気持ちです。Nさんもきっとアフリカでもっともっと実現されたいお仕事や夢がおありになったことと思います。

昨日、日曜日は、現地でNさんを慕う方が集まって盛大なお別れ会が開かれたそうです。
ただ、今は、Nさんのこれまでのご活躍に対する感謝の気持ちと、残された私たちがNさんのご遺志を継いでいけるよう一生懸命がんばります、としかお伝えできません。

訃報の知らせを受けてからも、いろいろな人に会ったり、いつものように研究を続けたり、こうして何も変わらないような日常の生活を送ってはいますが、何かが違います。
スポンサーサイト
アフリカ03.20(Mon)23:00|コメント(-)|トラックバック(-)|Top↑
dot3 dot5
dot1 dot1

マラウイ前大統領 ロンドンで手術・・・でハウ マッチ?

マラウイの前大統領は、今年の1月から脊柱の手術のためイギリスに滞在しています。

彼は、今はもう大統領ではなくて所属政党の議長をしていますが、今回のイギリスでの治療のため約650万マラウイ・クワチャ(約600万円ぐらいだと思います)がマラウイ政府からは支払われました。

でも、そのお金は結局、渡航費、手術費用、手当でたったの15日間の費用しか、もたなかったそうです。今もまだイギリスにいますが、病院にいるよりも安くつくということで「家を借りて」滞在しているそうです。

ただ、彼は政府に対して650万クワチャ以上は請求していないそうです。(=>当然でしょ)
同じお金で国内の病院の改善に使ったら何人の人々が救えるのでしょう?考えたことあるんでしょうか?ないよなあ、あったら使えないもんなあ、きっと。

それについて前大統領の息子さん曰く「パパはそんなこと(追加のお金を政府に請求しないこと)をするのが嫌いなんだ。でも、もし、政府がパパを助けたいって言うんだったら、今まで彼のポケットマネーで使ったお金を返済してもいいんだよ」・・・

マラウイは好きだけど、こういうところはついて行けないよなあ・・・と思います。まあ、現大統領ともいろいろともめていますから、帰りたくないのでしょうかねえ。

ちなみに現大統領のムタリカ氏は、現在日本に招待されていて、小泉首相、天皇陛下と会談の予定です。

以下、記事です。(このマラウイ地元新聞の記事は、しばらく経つとすぐ消えてしまうので下にしばらく貼り付けておきます)
Muluzi pays medical bills (2006年3月15日)
アフリカ03.16(Thu)23:00|コメント(-)|トラックバック(-)|Top↑
dot3 dot5
dot1 dot1

スーダンへの自衛隊派遣の可能性

先日、スーダン西部ダルフール地方のアラブ系民兵が隣国チャドに越境し、抵抗する住民を無差別に殺害し、少なくとも20万人のチャド人が国内避難民化しているとの報道がありました。
状況は益々悪化しています。

現在は、アフリカ連合(AU)の部隊が、ダルフール地方に約7,000人駐留していますが、状況が改善しないため、AU部隊駐留に資金提供してきたアメリカやEUが国連に任務移管する方向で検討していました。結局、スーダン側が国連移管に反発していることもあり、半年延長されることが決まりました。

国連PKOに対しては、アメリカが日本の自衛隊参加への期待を示しています。アメリカが期待するから・・・というのではなくて、日本自身(ここで決定権があるのは首相と外務省でしょうか)が自分で考えて行動するのを期待します。
アフリカ03.15(Wed)23:00|コメント(-)|トラックバック(-)|Top↑
dot3 dot5
dot1 dot1

アジアとアフリカのビジネス関係=(予告編)=

中国や韓国のアフリカ外交が盛んになってきています。
韓国のノムヒョン大統領は6日からカイロに入り、エジプト、ナイジェリア、アルジェリアに公式訪問をしています。

中国も、近年、ナイジェリアなどアフリカ諸国とのビジネス関係を強化させています。

今後、益々活発になると予想されるアフリカとアジアのビジネス関係(自分も最も関心がある)の動きについてまとめていきたいと思っています。

今日は予告まで・・・(つづく)
アフリカとアジア03.14(Tue)23:00|コメント(-)|トラックバック(-)|Top↑
dot3 dot5
dot1 dot1

ナイジェリア政治の動き

先日、ウガンダの大統領選挙の結果について書きました。
憲法を改正しての再選でしたが、ナイジェリアでも起こるかもしれません。

クーデターを繰り返し軍政が続いていたアフリカの大国ナイジェリアですが、新憲法が制定され、民政で現在のオバサンジョ大統領(過去のクーデターに絡んでいた軍人)が誕生したのが1999年。

大統領就任後は、腐敗撲滅と経済開発、「アフリカ開発のための新パートナーシップ(NEPAD)」などでリーダーシップを発揮するなどがんばってはいますが、汚職と腐敗は最悪状態といわれています。2003年に再選され、来年2007年に任期切れの予定・・・

・・・で終わらないのが、残念ながらアフリカですね・・・任期4年で3選禁止のはずなのですが、どうも憲法改正の方向です。

「ナイジェリアよ、おまえもか。。。」
今後の動きも注意深くフォローしていきます。
アフリカ03.13(Mon)23:00|コメント(-)|トラックバック(-)|Top↑
dot3 dot5
dot1 dot1

アンパンマンのテーマ

購読しているメルマガに『青年のための名言-人生、生き方、成長、幸福-』があります。
毎週1,2回の割合で、古今東西の名言、格言が送られてきます。

今日、送られてきたのは、アンパンマンのテーマでした
その他03.12(Sun)16:45|コメント(-)|トラックバック(-)|Top↑
dot3 dot5
dot1 dot1

南アフリカ共和国の格差社会

昨日ご紹介したアフリカ映画「Tsotsi」の状況背景についての話です。

ご承知の通り、南アフリカ共和国は1991年まで人種隔離政策(アパルトヘイト)がとられていたところ。

その後、ネルソン・マンデラが大統領になり黒人政権ができ、様々な人種と共生していくことを目指し、レインボー国家として再出発しました。

しかし、社会の矛盾は、根深いものがあります。
アフリカ03.11(Sat)23:00|コメント(-)|トラックバック(-)|Top↑
dot3 dot5
dot1 dot1

アカデミー賞とアフリカ映画

去年のアカデミー賞は、「Hotel Rwanda」が主演男優賞(ドン・チードル)、助演女優賞(ソフィー・オコネドー)、そして脚本賞の3部門にノミネート。また、最優秀外国語映画賞にノミネートされた「Yesterday」は、受賞こそ逃しましたが、内外から高い評価を得ました。

そして、今年は、ついに「Tsotsi」が最優秀外国語映画賞を受賞しました!!!

アフリカ03.10(Fri)23:00|コメント(-)|トラックバック(-)|Top↑
dot3 dot5
dot1 dot1

最近、コメントを下さった方々へ

最近、コメントを送ってくださったのにブログに反映されない・・・というご連絡を何人かの方々からいただきました。

コメントを送信できるようにしました。

決して管理人の方でブロックしていたわけではありませんので、今回の件に懲りずにどうぞ遊びに来てくださいね!

今後ともどうぞよろしくお願いいたします

バーミン観覧車

その他03.09(Thu)23:00|コメント(-)|トラックバック(-)|Top↑
dot3 dot5
dot1 dot1

ベストを尽くす!・・・かあ

先日、トリノ・オリンピックが終わった。
今、日本では、カーリングの「チーム青森」人気がすごいらしい。

青森市で開かれている日本女子カーリング選手権に日本各地から彼女達を一目見ようと徹夜組も出るぐらいの大盛況。

その他03.08(Wed)23:00|コメント(-)|トラックバック(-)|Top↑
dot3 dot5
dot1 dot1

自分の目で見て・・・

家に戻って食事が終わり、ほっとする時間を過ごします。
そのまま寝たい誘惑にも駆られます。でも、「もうひとがんばりしようかなあ・・・」と思う時、まず、手にするものがあります。以前も紹介した『致知』です。

どんなに疲れていても、もう一歩やってみるか、という気持ちに自然となります。
今日は、2006年3月号、結核予防会会長の青木正和氏のインタビュー記事を読みました。

人間学・経営学03.07(Tue)23:00|コメント(-)|トラックバック(-)|Top↑
dot3 dot5
dot1 dot1

マネジメント

今、教育マネジメントの能力向上について書いているものがあります。

提出期限が迫っています。
その後にも更に締め切りが迫っているものを抱えています。(2/17書き込み御参照)

焦っています・・・顔には出ていないようですが、心では非常に焦っています。

そんなテーマのものを書く前に、自分のマネジメント能力向上について考えるべきだったとちょっと弱気になったりしています。

こんなこと書いていないでちゃんとやれ!と言う声が聞こえてきます。

は、はいっ・・・がんばります
スレッド:イギリス留学|ジャンル:海外情報
イギリス03.06(Mon)18:27|コメント(-)|トラックバック(-)|Top↑
dot3 dot5
dot1 dot1

本当ですか・・・?=UNESCOのジンバブエ報道=

あるメーリングリストから定期的に主に開発途上国の教育開発に関する情報が届きます。

今日受け取った記事の中に、
「UNESCOジンバブエ:幼児教育と職業教育に力をいれると発表」-ジンバブエが幼児教育と職業教育に力を入れ、教育システムをより持続可能なものにする予定(Zimbabwe plans to incorporate Education for Sustainable Development into national education policy)とあります。

何か、何事もないようなこの平和な雰囲気、今のジンバブエで本当ですか?と思い、またまた他のニュースを見てみました。やっぱり・・・
スレッド:アフリカ関連|ジャンル:ニュース
アフリカ03.05(Sun)23:00|コメント(-)|トラックバック(-)|Top↑
dot3 dot5
dot1 dot1

バーミンガム名物=バルチ=

今夜は、同じ大学院のAさん、日本の大学から研究で来られているKさん、そしてうちの上さんの4人で、何とイギリス、バーミンガム発祥のバルチ(Balti)を食べに行きました。
バルチって何だと思います?



スレッド:イギリス生活|ジャンル:海外情報
イギリス03.04(Sat)23:00|コメント(-)|トラックバック(-)|Top↑
dot3 dot5
dot1 dot1

気になるアフリカニュース=ウガンダの大統領選挙=

先日、ウガンダで大統領選挙がありました。
結果は、現職のヨウェリ・カグタ・ムセベニ大統領が勝利し、3選を決めました。
過去20年にわたって強いリーダーシップと権力を発揮してきた彼ですが、いろいろな懸念の声もあがっています。
スレッド:アフリカ関連|ジャンル:ニュース
アフリカ03.03(Fri)23:00|コメント(-)|トラックバック(-)|Top↑
dot3 dot5
dot1 dot1

気になるアフリカニュース=鳥インフルエンザ=

世界中で報告が日に日に増えている鳥インフルエンザ。
ついにアフリカでも拡大する恐れが出てきました。
スレッド:アフリカ関連|ジャンル:ニュース
アフリカ03.02(Thu)23:00|コメント(-)|トラックバック(-)|Top↑
dot3 dot5
dot1 dot1

ネット社会の歩き方

インターネットのおかげで、どこにいても、こうして個人でも情報を発信できるようになりましたし、日常の行動範囲では出会うことのないような方々と、意見交換を通して知り合いになることが可能になりました。

しかし、ネット社会はそういう光の部分ばかりではなく、その影では、ネットに絡むトラブルや犯罪も増えています。
一体、学校や家庭ではどうやって情報倫理について子ども達に教えればいいのだろう・・・と考えていたところ、『学校教育と情報倫理』のメーリングリストで大変面白いサイトが紹介されていました。
その他03.01(Wed)23:00|コメント(-)|トラックバック(-)|Top↑
dot3 dot5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。