FC2ブログ
» HOME  » RSS  » ADMIN

プロフィール

nakayoshi

Author:nakayoshi

最近のコメント

ブロとも申請フォーム

dot1 dot1

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告--.--(--)--:--|コメント(-)|トラックバック(-)|Top↑
dot3 dot5
dot1 dot1

リサーチのお勧め本 ★★★★☆

お気に入りの本を紹介いたします。

W.Booth, G.Colomb, J. Williamsによる『The Craft of Research』です。*


the craft of research


この本とは7,8年前に出会いました。その後、いろいろな場所に暮らしましたが、いつも一緒に移動してきた本のひとつです。

当時の表紙は赤ベースでしたが、最近新装したようですね。

数あるリサーチ本の中からこれをお勧めする理由は、

「普段、何気なく思っている疑問を、単に疑問で終わらせないで、ちょっと調べてみて、論拠に基づいた自分の考えとしてまとめてみたい、という気にさせる」

本だからです。

関心のあるトピック→研究の問い(Research Question)→調べるべき課題(Problems)と、考えをどう発展させていけばいいのかが丁寧に書かれています。

英語もわかりやすいので、筆者と対話をしているように読み進めることができます。

何かについて関心を持ち、研究を始め、だんだん時間が経過していくと、時に、脱線したり、当初の問いに答えていない論構成や結論になることがあるのですが、この本に書かれているように、自分が調べていることについて

1.私は・・・・・・について調べている(研究のテーマ/タイトル)
2.なぜならば、・・・・・・について知りたいから/明らかにしたいからである。(研究の問い)
3.それによって、(これまで明らかにされていなかった/これまでの考え方では見えなかった)・・・・・・についてよりよく理解できるようになるからである。(研究の意義)

という、3つ単純な文章を埋められないと、何の研究か分からないってことになります。

そんな当たり前ですが大切なことを教えてくれた本です。

FCブログランキングに参加中です。



スポンサーサイト
スレッド:イギリス留学|ジャンル:海外情報
大学02.27(Mon)23:00|コメント(-)|トラックバック(-)|Top↑
dot3 dot5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。